セキュリティ向上のためCAPTCHA認証を導入しました

zkSync(ジーケーシンク)のエアドロップ戦略【Era・Lite・Testnetに分けて解説】

目次

zkSyncとは

zkSync Era

zkSync(ジーケーシンク)は、総額4億5,800万ドルを調達しており、ETH(レイヤー1)のセキュリティを継承し、高速で安価なトランザクションを実現するレイヤー2です。

zkSyncのトークンはすでに確認されており、エアドロップの可能性が高いと言われています。ただし、2023年3月時点のCEOの発言によると、「今後1年でのトークン発行」とのことなので長期的に触り続けることが必要です。

前提:zkSyncの種類

zkSyncには、メインネットとテストネットを合わせると以下の3種類あります。

エアドロップを狙っている方は、すべて触っておきましょう。

  1. zkSync Era:zkSyncのVer2
  2. zkSync Lite:zkSyncのVer1(旧バージョンと考えるとわかりやすい)
  3. zkSync Era testnet

zkSync Eraのエアドロ戦略

①zkSync Eraをウォレットに追加

以下URLから、「Add to Metamask」をクリックすれば追加できます。

ChainList:https://chainlist.org/?search=zkSync&testnets=false

zkSyncのネットワーク追加

②zkSync Eraにブリッジする

zkSync Eraの公式ブリッジを使用して、ETH(レイヤー1)をzkSync Era(レイヤー2)にブリッジしましょう。

(参考:1ETHをzkSync Eraにブリッジする)

公式ブリッジ:https://bridge.zksync.io/

zkSync Era Bridge

③Orbiterでもブリッジする

Orbiterは、異なるチェーンをブリッジできるサービスです。

Orbiterでブリッジしておくと、Orbiterのエアドロップの対象になる可能性があります。ちなみに、Orbiterのトークンはすでに確認されています。

(参考:Orbiterで100回以上のブリッジを行う。私は500回以上行いました。できれば、いろいろなチェーンでブリッジしておいた方が良いかもしれません)

Orbiter:https://www.orbiter.finance/

Orbiter

④DAppsを利用する

zkSync Eraで稼働しているDAppsを利用しておきましょう。

(参考:これらのDAppsを通じて50〜100のトランザクションを作る)

zkSyncのその他のDApps

以下のURLから、zkSyncのDAppsを見つけることができます。

zkSync Ecosystem:https://ecosystem.zksync.io/

⑤Crew3タスク

Crew3:https://crew3.xyz/c/zksync/invite/PB3JIz0TVSVU1H3Uc-TgZ

Crew3のクイズの答え

  1. zkSync Roadmap pt. 1:Baby Alpha
  2. zkSync Roadmap pt. 2:B
  3. zkSync Roadmap pt. 3:Fair Onboarding Alpha
  4. zkSync Roadmap pt. 4:Full Launch Alpha
  5. zkSync Roadmap pt. 5:E

zkSyncのCrew3

「All quests are done for now, come back later」と表示されれば、すべてのクエスト完了です!

⑥Gitcoinで寄付(zkSyncを利用)

以下のURLから寄付したいプロジェクト探して、zkSyncで寄付を行いましょう。

(参考:5ドル以上の寄付を10件行う)

Gitcoin:https://bounties.gitcoin.co/grants/explorer/

Gitcoin

zkSync Liteのエアドロ戦略

①zkSync Liteにブリッジする

zkSync Liteの公式ブリッジを使用して、ETH(レイヤー1)をzkSync Lite(レイヤー2)にブリッジしましょう。画像の通り、ETHの数量を入力して、「Top up」をクリックするとブリッジできます。

公式ブリッジ:https://lite.zksync.io/transaction/deposit/

zkSyncのブリッジ

②Orbiterでもブリッジする

Orbiterは、zkSync Liteにも対応しているので、Orbiterでもブリッジをしておきましょう。

Orbiter:https://www.orbiter.finance/

Orbiter

③DAppsを利用する

zkSync Liteで稼働しているDAppsを利用しておきましょう。

(参考:これらのDAppsを通じて50〜100のトランザクションを作る)

④NFTをミントする

  1. Pinataに登録(https://www.pinata.cloud/
  2. Pinataに画像をアップロード
  3. CIDをコピー
  4. zkSyncウォレットの「NFTs」に移動する(https://lite.zksync.io/account/nft
  5. 「+ Mint NFT」をクリック
  6. CIDを貼り付けて、「Authorize to Mint NFT」をクリックする
  7. NFTミント完了

Pinata

zkSync Era testnetのエアドロ戦略

①zkSync Era testnetをウォレットに追加

以下URLにアクセスして、「Add to Metamask」をクリックすれば追加できます。

ChainList:https://chainlist.org/?search=zkSync&testnets=true

zkSyncのネットワーク追加

②テストネット用ETHをFaucet

「Request Funds from Faucet」をクリックすると、Twitter画面が表示されるので、そのままツイートすると時間差でテストネット用トークンが届きます。

公式Faucet:https://goerli.portal.zksync.io/faucet

zkSyncのFaucet

③テストネットのDAppsを利用する

④Mint SquareでNFTを作成する

  1. 画像をアップロード
  2. 「Name your NFT」にNFTの名前を入力
  3. Mintをクリックする

Mint Square:https://mintsquare.io/mint

MintSquare

zkSyncのエアドロップに関するよくある質問

zkSyncのエアドロップはいつされますか?

2023年3月のzkSync CEOの発言によると、「トークン発行は今後1年後くらい」という発言があったので、長い目で見る必要があります。

zkSyncは大型のエアドロップとして期待されているので、長期的に触っていく必要がありそうです。

zkSyncのエアドロップは絶対にありますか?

エアドロップの世界に「絶対」ということはありません。つい最近まで、「エアドロップはしない」という発言をしていたのにエアドロップがあった。このようなことはよくあります。

なので、エアドロップの可能性にかけてトランザクションを積んでいる方がほとんどです。

  • 仮想通貨エアドロップは必ずもらえるとは限りません。
  • ウォレットのハッキングやその他事象に対して、当サイトは一切責任を負いません。
  • 当サイトは、特定の勧誘や売買の推奨などを目的としたものではなく、特定銘柄および仮想通貨市場全般の推奨や価格動向の上昇または下落を示唆するものではありません。
  • いかなる内容の将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありませんので、最終的な投資決定はお客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • 証拠金取引にはハイリスクが伴いますので、リスク管理にご注意ください。当サイトを利用することで生じたいかなるトラブル、被害、損失、損害等に対して、当サイトは一切責任を負いません。
  • 海外取引所(国内無登録業者)は、日本居住者に対して口座開設すること、または日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため仮想通貨の取引をされる際にはこの点に関して十分にご注意ください。
  • 当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトとしては、国内取引所への登録を推奨しています。
目次