セキュリティ向上のためCAPTCHA認証を導入しました

Symbioticのエアドロップ戦略【Paradigmが出資するEigen Layerの競合PJ】

目次

Symbioticとは

Symbiotic logo

Symbioticは、分散型ネットワークが強力で完全な主権を持つエコシステムを立ち上げることを可能にする、共有セキュリティプロトコル。ネットワークビルダーがパーミションレスにリステーキングの実装を制御および適応できるようにすることを目指している。

現在は、wstETHやcbETH、wBETHなどのLSTがリステーク可能。(追記:リステーク上限の2億ドルがほぼ1日で到達したため、現在は上限解放を待っている状態)

Symbioticの資金調達額とエアドロップ可能性

Symbioticは、Paradigmなどから580万ドルを資金調達しています。Paradigm出資のプロジェクトは、エアドロップの確率が非常に高い。また、Symbioticではすでにポイント制度が導入されていることから、エアドロップの可能性は高いと言えます。

Symbiotic fundraising

Eigen Layerの競合と言われる理由

以下は、DeFiリサーチャーなどの間で噂になっているレベルですが、可能性は高そうです。

  1. ParadigmがEigen Layerに出資を持ちかける
  2. Eigen Layerはそれを断り、a16zを選ぶ(a16zが1億ドルのシリーズBラウンドを主導)
  3. Eigen LayerのTVLはDeFiプロトコル全体の2位まで成長し大成功
  4. Paradigmは(代わりに?)Symbioticに出資→Eigen Layerの競合として位置づけたとのこと

Symbioticのエアドロ戦略

  1. Symbioticにアクセス
  2. LST(リキッドステーキングトークン)をリステーク
  3. ダッシュボードで獲得ポイントを確認

リステークに対応しているLSTは以下のとおり。

  • wstETH
  • cbETH
  • wBETH
  • rETH
  • mETH
  • swETH
  • sfrxETH
  • ETHx

Symbiotic Restake

  • 仮想通貨エアドロップは必ずもらえるとは限りません。
  • ウォレットのハッキングやその他事象に対して、当サイトは一切責任を負いません。
  • 当サイトは、特定の勧誘や売買の推奨などを目的としたものではなく、特定銘柄および仮想通貨市場全般の推奨や価格動向の上昇または下落を示唆するものではありません。
  • いかなる内容の将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありませんので、最終的な投資決定はお客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • 証拠金取引にはハイリスクが伴いますので、リスク管理にご注意ください。当サイトを利用することで生じたいかなるトラブル、被害、損失、損害等に対して、当サイトは一切責任を負いません。
  • 海外取引所(国内無登録業者)は、日本居住者に対して口座開設すること、または日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため仮想通貨の取引をされる際にはこの点に関して十分にご注意ください。
  • 当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトとしては、国内取引所への登録を推奨しています。
目次