セキュリティ向上のためCAPTCHA認証を導入しました

Orderly Networkのエアドロップ戦略【Web3トレードにおける流動性レイヤー】

目次

Orderly Networkとは

Orderly Network hp

Orderly Networkは、Web3トレードにおけるパーミションレスの流動性レイヤー。さまざまなPerpDEXでOrderly Networkが採用されており、デリバティブボリュームでは全体の5位に位置している。(2024年5月24日時点)

  1. dydx
  2. Hyperliquid
  3. SynFutures
  4. RabbitX
  5. Orderly Network

Orderly Network volume

Orderly Networkの資金調達額

Orderly Networkは、公開されている情報だけでも、SequoiaやPantera、DragonFlyなどから2,000万ドルを資金調達している。他ラウンドの資金調達額は公表されていませんが、野村グループのLaser Digitalなどからも資金調達済み。

Orderly Network fundraising

Orderly Networkのエアドロップ可能性

Orderly Networkのエアドロップは確定しており、公式ブログによると夏頃にトークンローンチの予定。

現在、Meritsというポイントが稼げる全12週(Epoch12)のキャンペーンが行われており、2024年5月27日時点で8週目に突入しています。

すでに8週目に突入しているため、「今から始めても遅い?」と思いましたが、以下の理由で触ってみることにしました。

  • 他PJと合わせてお触りできる
  • リーダーボード上位5〜10%には入れそう
  • デリバティブボリュームがすごいのでエアドロに期待できそう

キャンペーン期間については、公式発表はまだありませんが、公式アカウントが「Probably 12(恐らく12)」とリプライしていました。延長する可能性もありそうですが、参考になります。

Orderly Networkのエアドロ戦略

Orderly Networkのエアドロ戦略はシンプルです。以下のPerpDEXでトレードするだけ。

  • WooFi Pro:取引高に応じて取引手数料が安くなる(すでにトークン発行済み)
  • LogX:LogX&Orderly Networkの二重取り
  • VOOI:Binance Labsがバッカーの新興PerpDEXアグリゲーター

WooFi Proの手数料は魅力的ですが、LogXとVOOIはまだトークンを発行していないため、私はエアドロ二重取りを狙ってVOOIを使っています。(VOOIは、Binance LabsやConsensysのアクセラレーターに選ばれているため期待値が高そう)

トレードをすると、獲得したMeritsはOrderly Networkでリアルタイムに確認できます。

参考までに私のポイント(Epoch8)を載せておきます。手数料886ドル使い、2,247Meritsを獲得できています。(1万ドル入金、残高9,114ドル、レバ10倍)獲得できる正確なポイントはEpoch終了時に決まるので暫定ポイントです。

Orderly Network Merits

Orderly Networkの参考情報

①どのくらいMeritsを集めれば良い?

Orderly Networkには、6つのティア(階層)が用意されています。

  1. The Order
  2. Commander
  3. Officer
  4. Paladin
  5. Knight
  6. Squire

Orderly tier

2024年5月27日時点のリーダーボードを見ると、「The Order」の最低条件は487位以内&2,063Merits、「Commander」の最低条件は2424位以内&383Merits。

  • The Order:〜487位(2,063Merits)
  • Commander:〜2424位(383Merits)

全Epoch終了時にならないとわかりませんが、「The Order」は5,000Meritsくらいで狙えそうですね。エアドロの期待値を考えると、「Commander」は確実に狙いたいところです。

②どのPerpDEXが人気?

2024年5月23日の取引ボリュームによると、WooFi Proが圧倒的。VOOIは始まったばかりなので、今後の取引ボリュームに期待したいですね。

  1. WooFi Pro:5億8,300万ドル
  2. LogX:4,900万ドル
  3. EMDX:2,200万ドル
  4. VOOI:1,900万ドル

Orderly Network broker volume

③どの取引ペアが人気?

2024年5月20日週のトレードペアを見ると、以下のランキング。

  1. ETH/USDC
  2. BTC/USDC
  3. SOL/USDC
  4. ARB/USDC
  5. DOGE/USDC

Orderly Network pair volume

④エアドロ期待値

ポイントを売買できるWhales Marketを見ると、現在Meritsは1.83ドル。Meritsの取引ボリュームがほぼない&1Merits=1トークンという情報もないのであまり参考になりませんが…。

個人的には、デリバティブボリュームがトップ5&Orderly Networkを採用しているPerpDEXが順調に成長していることから、エアドロは結構期待できるかなと。

私は、PerpDEXのAevoで14万ドルほどのエアドロップをもらったので、Orderly Networkも本気でやってみます。マイナスになることはないかなと楽観しています。

Orderly Network point

⑤メモ(仮説なので無視してOK)

3日ほどトレードして思ったことをメモしておきます。

  • 取引ペアごとにMerits獲得量は異なる
  • BTCやETHなどよりもアルトコインの方がMeritsを獲得しやすい?
  • 予想以上にリーダーボード上位は狙いやすいかも?(キャンペーンが終わるまではわからないけど)
  • VOOIはまだまだ使いにくい部分が多い(超アーリーなのでしょうがないか…Binance Labsがバッカーなので今のうちに参加しておくメリットはありそう)
  • 仮想通貨エアドロップは必ずもらえるとは限りません。
  • ウォレットのハッキングやその他事象に対して、当サイトは一切責任を負いません。
  • 当サイトは、特定の勧誘や売買の推奨などを目的としたものではなく、特定銘柄および仮想通貨市場全般の推奨や価格動向の上昇または下落を示唆するものではありません。
  • いかなる内容の将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありませんので、最終的な投資決定はお客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • 証拠金取引にはハイリスクが伴いますので、リスク管理にご注意ください。当サイトを利用することで生じたいかなるトラブル、被害、損失、損害等に対して、当サイトは一切責任を負いません。
  • 海外取引所(国内無登録業者)は、日本居住者に対して口座開設すること、または日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため仮想通貨の取引をされる際にはこの点に関して十分にご注意ください。
  • 当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトとしては、国内取引所への登録を推奨しています。
目次
閉じる