セキュリティ向上のためCAPTCHA認証を導入しました

Espressoのエアドロップ戦略【3,200万ドルを資金調達の注目PJ】

目次

Espressoとは

Espresso HP

Espressoは、レイヤー2のスケーリングソリューションを接続する分散型シーケンサとデータ可用性システム。Ethereum のセキュリティを継承し、他のロールアップとより確実な相互運用が可能になる。ロールアップする際に役立つ技術を提供すると考えるとわかりやすい。

Espressoは、SequioiaやCoinbase、Polychain Capitalなどから3,200万ドルを資金調達しています。

Espresso fundraising

Espressoのエアドロ戦略①:ネットワークを追加

  1. Vienna:https://vienna.caldera.dev/
  2. Milan:https://milan.caldera.dev/
  3. 「Add Chain to Metamask」をクリックして2つのネットワークを追加

Espresso Vienna networkVienna

Espresso Milan networkMilan

    Espressoのエアドロ戦略②:テストネットトークンをFaucet

    Vienna ETH

    1. Vienna Faucet:https://vienna.caldera.dev/faucet
    2. ウォレットアドレスを入力して「Request Tokens」をクリック

    Faucetできない場合は、ブリッジで対応。(反映までに結構時間かかります)

    1. Sepolia ETHをFaucet(持っている方はスキップ)
    2. Vienna BridgeでSepolia→Viennaにブリッジ

    Espresso Vienna faucet

    Milan ETH

    1. Milan Dev:https://milan.caldera.dev/faucet
    2. ウォレットアドレスを入力して「Request Tokens」をクリック

    Faucetできない場合は、ブリッジで対応。(反映までに結構時間かかります)

    1. Sepolia ETHをFaucet(持っている方はスキップ)
    2. Milan BridgeでSepolia→Milanにブリッジ

    Espresso Milan network

    Espressoのエアドロ戦略③:今できることはここまで

    • 仮想通貨エアドロップは必ずもらえるとは限りません。
    • ウォレットのハッキングやその他事象に対して、当サイトは一切責任を負いません。
    • 当サイトは、特定の勧誘や売買の推奨などを目的としたものではなく、特定銘柄および仮想通貨市場全般の推奨や価格動向の上昇または下落を示唆するものではありません。
    • いかなる内容の将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありませんので、最終的な投資決定はお客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
    • 証拠金取引にはハイリスクが伴いますので、リスク管理にご注意ください。当サイトを利用することで生じたいかなるトラブル、被害、損失、損害等に対して、当サイトは一切責任を負いません。
    • 海外取引所(国内無登録業者)は、日本居住者に対して口座開設すること、または日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため仮想通貨の取引をされる際にはこの点に関して十分にご注意ください。
    • 当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトとしては、国内取引所への登録を推奨しています。
    目次
    閉じる